#053 マイナンバーカードの保険証利用の普及に向けた「加速化プラン」とは?

LINEで送る
Pocket

加速化プランとは
100日連続ブログ更新チャレンジ - 53日目 #Challenge100

 

本日は、先日厚労省から発表されたマイナンバーカードの保険証利用普及促進のための政策「加速化プラン」についてご紹介いたします。

マイナンバーカードの保険証利用

2021年3月からサービス開始となる「オンライン資格確認」が始まると、マイナンバーカードを保険証の代わりとして利用することができるようになります。

導入メリットにつきましては、過去の記事をご覧ください。

オンライン資格確認のメリット
2021年(令和3年)3月より「オンライン資格確認」が始まります。 そこで本日は、薬局でオンライン資格確認を導入する9つのメリットをご紹介したいと思います。  

このように「オンライン資格確認」を利用することによって、様々なメリットが生まれることが期待されておりますが、残念ながらまだ医療機関・薬局による顔認証付きカードリーダー(無償提供)の申込数は限定的となっているようです。

医療機関・薬局におけるオンライン資格確認システムの導入準備状況

医療機関・薬局の顔認証付きカードリーダーの導入
目標2021年3月までに60%
現状16.9%(11/8現在)

最終的には、2023年3月までに概ねすべての医療機関・薬局の導入を目指すとのことですが、このままでは正直難しそうなのですね。。。

「加速化プラン」とは

そこで、厚労省は6割普及目標の早期達成を目指して、新たに「加速化プラン」を実行することになりました。

  • 医療機関・薬局へのさらなる導入支援
  • マイナンバーカードの保険証利用申込のさらなる促進
  • 訪問看護等におけるオンライン視覚確認のあり方に関する検討

「加速化プラン」で補助額が上限まで拡大

前述のとおり、厚労省はマイナンバーカードも保険証として使えるようにする「オンライン資格確認等システム」について、2021年3月のまでに6割程度の医療機関・薬局において導入していただくことを目指しています。

コロナ禍により医療機関等の経営状況に影響が及んでいる状況下でも、できるだけ早期に、多くの医療機関・薬局で導入していただくため、「2021年3月までに顔認証付きカードリーダーの申込を行った医療機関・薬局」に限定して、構築に要した費用について一定の補助上限まで定額補助を行うことと11/18に決定されました。

補助金についてはこちらをご覧ください!

オンライン資格確認を始める方法
100日連続ブログ更新チャレンジ - 10日目 #Challenge100 本日は、2021年(令和)3月から始まる「オンライン資格確認」の始める方法についてご紹介いたし

まとめ

いかがだったでしょうか。

この「加速化プラン」にのっかり、2021年3月までに顔認証付きカードリーダーを申し込めば、薬局の場合42.9万円まで補助が拡大されますので、ぜひ利用されることをお勧めいたします。

それでは、また!

●100日連続更新達成まで、あと47日! #Challenge100

 

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
※当サイトの情報に起因するいかなる損害についても、当社及び情報提供元は一切責任を負いません。利用者ご自身の判断と責任においてご利用ください。

この記事を書いた人

Hiroshi.K
Hiroshi.K
メディカルサーブ株式会社 代表取締役

システムコンサルタント、インストラクター、エンジニア、デザイナー、講師など、いくつもの肩書を兼任。いわゆるプレイングマネジャー。
趣味はマラソン。サブスリーを目指す市民ランナー。フルマラソン自己ベストは3:07:17(つくばマラソン:2016/11/20)
LINEで送る
Pocket

在宅、かかりつけ、24時間対応など、これからの薬局業務を支えます!

エリシア2
在宅、かかりつけ、24時間対応、アンチドーピングなど、これからの薬局業務を支える「調剤薬局ソリューションシステム Elixir2(エリシア2)」のご紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です