Pharmsが「患者」「地域」「業務」3つのつながりを実現して、
かかりつけ薬局への転換を支援します。

立地から機能へ

対物業務から対人業務へ

バラバラからひとつへ

どうやってフォローアップすればいいかわからない。
立地の利便性以上のメリットを患者へ提供し、かかりつけ薬局に選ばれるために……

Pharmsでできること

Pharmsは「3つのつながり」を実現することで、
〈門前薬局〉から〈かかりつけ薬局〉への転換を支援します

Pharmsでできること ─「患者」とつながる

患者来局時の待ち時間を有効活用するための処方箋受付機能やオンライン服薬指導、服薬フォローアップ機能などを提供しています。特にアプリやSMS(ショートメッセージ)を通じて実施する服薬フォローアップは患者の薬物療法への関与度を高め、薬局としての専門性を提供し患者とのつながりを深めることにつながります。

オンライン服薬指導

受付から配送までをワンストップで実施できます。患者アプリを介してCLINICSオンライン診療を導入する医療機関からの処方せんを応需することが可能です。
(処方元が「CLINICSオンライン診療」でない場合も実施可能)

処方箋ネット受付

スマホで撮影された処方箋データだけではなく、問診の回答や保険証情報、お薬手帳情報も事前に共有されます。それにより監査、疑義照会などで発生する患者の待ち時間を減らすことにつながります。

服薬フォローアップ

Pharmsで受付けた服薬指導の患者に、日時設定のうえメッセージと質問票の送付がおこなえます。質問票の回答からトリアージをおこない、具体的なフォローを検討します。

店舗チェックイン

患者が店舗ごとのQRコードを読み取り、お名前と電話番号の入力をすることでチェックインが完了します。お薬の準備ができ次第、SMSを通して患者をお呼び出し。アプリのダウンロードは不要です。

Pharmsでできること ─「地域」とつながる

電子お薬手帳によって一元管理された服薬情報や服薬フォローアップで得た情報は、地域の診療所・病院へのフィードバックに役立てることも可能です。導入シェアNo.1※のオンライン診療システム「CLINICS」との連携もスムーズな「Pharms」だからこそ、医薬連携をより活性化させることにもつながります。

電子お薬手帳で服用薬を一元管理し患者がかかる全ての医療機関を把握。薬物療法に関与できる「地域の薬局」へ

服薬フォローアップにより服用状況の把握と処方医へのフィードバックを実施し薬物療法の関与度を高める

CLINICSを導入する医療機関への受診勧奨をおこない患者の健康管理に関わることで地域医療の一翼を担う

CLINICSとつながる

オンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」とつながります

最も多くの先生から支持されている
導入実績No1※のオンライン診療システム「CLINICS」
「CLINICS」とつながるメリット

※出典元:「IoMT(Internet of Medical Things)新市場の将来展望 2021」(富士キメラ総研社、2020 年 11 月)

服用状態の継続的な把握、服薬情報等に関する処方医へのフィードバック、 残薬管理や処方変更の提案等を通じて、地域包括ケアの担い手となる。

Pharmsでできること ─「業務」がつながる

患者がお持ちのお薬手帳アプリとの連携をはじめ、配送システムや薬歴レセコンなど調剤業務における多様なシステムとの連携を実現することでシームレスな業務オペレーションを支援します。

Pharms

受付〜服薬指導〜会計までをシームレスにつなぐ

他社サービスとの連携開始

配送システムとの連携強化

他社サービスとの連携開始

薬歴レセコンとの連携強化

導入はかんたんです

デモのご依頼も随時承っております。気になる方はぜひ。

リリース以来、多くの調剤薬局で導入されています

2019年末の改正薬機法の成立やCOVID-19の影響によるニーズの急速な高まりといった外部環境の変化に加えて、CLINICSアプリでのオンライン診療利用実績や、連携による患者・調剤薬局双方の利便性向上への期待もあり、全国で3,000件を超える調剤薬局へ展開が進んでいます。(2021年1月時点)

CLINICSオンライン診療とつながるメリット

CLINICSはオンライン診療システムの導入実績No1※1 
「使われるオンライン診療システム」を導入する保険医療機関での受診提案が可能

累計診察回数推移

Pharmsを持つということは
CLINICSを提案できるということ

オンライン服薬指導の体制を持つことで、オンライン診療という選択肢を患者へ提案でき、その後の処方箋応需を望む可能性が広がります。残薬状況や生活環境などを勘案し、必要な患者に対してオンライン診療のご案内をすることも、かかりつけ薬剤師の役割と言えます。

患者の生活環境に入り込んだ薬学的管理で日常的に懇意にされる薬局へ

患者の在宅時に服薬指導を実施する場合、自宅でのリラックスした状態だからこそ普段聞けない話や質問が出てくることが想定されます。また目視による残薬確認や薬の保管方法、生活環境なども確認でき、対面時より生活に踏み込んだ服薬指導を実施できます。

安心のセキュリティ

システムの安全性について

すべての通信を暗号化

データのやり取りの内容を外部から見ることができないよう、SSL 通信を採用しています。また、SSL通信には、最高水準の暗号方式 「2048bitのRSA鍵」を利用した方式を採用しています。

最小限の個人情報

Pharmsでは、個人情報をPharms内部では保管せず、予約管理を行うのに必要最小限の情報のみ保管しています。 決済には国内外の大手企業でも採用されている、信頼性の高い外部サービスを活用しており、万が一の際の情報漏えいリスクも最小限に抑えています。

国際レベルのクラウドセキュリティ認証

Pharmsは、医療情報という機密性の高い情報を取り扱うサービスを提供する企業として、社内の情報管理体制やクラウドのセキュリティ対策をさらに強化し、社内外の環境変化に応じて継続的にセキュリティ水準を向上させていくことを目指し、国際標準規格である「ISMSクラウドセキュリティ認証」、「ISMS認証」を取得いたしました。

※ ISO/IEC 27001:2013(ISMS:Information Security Management System) は、情報資産の保護、利害関係者からの信頼を獲得するための“セキュリティ体制の確保”を目的としたフレームワークの国際規格です。 ※ ISO/IEC 27017:2015 は、ISO/IEC 27001:2013 の認証取得を前提としたクラウドサービスの提供及び利用に関わる情報セキュリティ管理策のための指針を示した国際規格です。クラウドサービスを提供する組織と利用する組織の両方を対象としたものです。

セキュリティの取り組みについて

国内サーバー

お客様からお預かりしたデータは、日本国内のクラウドサービス上のストレージに保管されます。

データを安全に処分

ストレージデバイスはクラウドサービスにて管理され、ストレージデバイスが製品寿命に達した場合に、顧客データが権限のない人々に流出しないようにする廃棄プロセスが含まれています。廃棄された磁気ストレージデバイスはすべて業界標準の方法に従って消磁され、物理的に破壊されます。

安心のバックアップ

データベースに保管されるお客様の各種情報は1日ごとにバックアップを取得しています。バックアップは、35日間確保されます。但し、お客様によるバックアップデータの復元等に関する要望は承っておりません。

脆弱性への対応

システムで利用しているOS、ミドルウェア等に関する脆弱性情報を定期的に収集しています。セキュリティパッチの自動適用などにより、速やかに対処しています。

セキュリティ監査

定期的にシステム、運用体制等に関する内部監査を実施しています。

機能一覧

服薬フォローアップ

服薬期間中のフォローが必要な患者に対して、予め設定したタイミングでフォローメッセージと質問票を自動で送ることができます。送信タイミングやメッセージ内容を患者ごとにカスタマイズができ、患者一人ひとりに寄り添ったコミュニケーションが実現できます。

お薬手帳

CLINICSアプリで電子お薬手帳を利用している患者様のお薬情報が、受付時に確認できます。患者様が電子お薬手帳アプリで管理している服薬情報を閲覧することで、重複投与や相互作用を事前に防ぐことが可能になります。

CLINICSアプリの電子お薬手帳情報の他、e薬Linkに対応している他社電子お薬手帳アプリのお薬情報も閲覧が可能です。

店舗チェックイン

事前の申し込みがなく、直接来局したCLINICSアプリをお持ちでない患者にも、薬剤準備完了のSMSを送ることができます。患者は名前・フリガナ・電話番号を入力するだけで、待ち時間を有効活用することができ、薬局の混雑緩和にも繋がります。

オンライン服薬指導

PCやタブレットを利用して、オンライン服薬指導を実施できます。
ビデオチャットで患者の様子を見ながら患者情報・問診内容等を確認でき、効率的なコミュニケーションを図ることができます。

処方せんネット受付

対面での服薬指導を希望される患者の場合も、来局前に処方箋画像をアップロードして事前受付ができます。
患者の待ち時間短縮にもつながり、効率的な調剤業務を行えます。

キャッシュレス決済

患者がCLINICSアプリに事前登録しているクレジットカードでキャッシュレス決済が可能です。オンライン服薬指導の場合、来局せずに会計までオンラインで完結できます。また、対面服薬指導の場合も、現金のやり取りが発生せず、スムーズな会計ができます。

オンライン問診

患者がアプリから服薬指導を申し込みする際に、オンラインで問診の回答をします。受付時に回答内容を確認することができるため、服薬指導を開始する前に患者の状態を把握することができます。

店舗管理

複数店舗でご契約いただいている場合でも、店舗単位でアカウントを発行するため、店舗情報や服薬指導の受付内容を店舗ごとに柔軟に設定することが可能です。また、各店舗の設定を一括で変更したり、同一法人内の決済状況を確認したりすることができる本部機能もあります。

スタッフ管理

店舗スタッフの管理が行なえます。スタッフごとに操作権限を付与することができます。

受付管理

処方箋の受付や患者のステータス管理など、基本的な窓口業務が一つの画面に集約されています。患者をお待たせせずに問診や処方箋などの情報を確認できるため、コミュニケーションに重点をおいた服薬指導が可能になります。

他社システム連携

他社が提供している薬歴システムやレセコンとのデータ連携により、請求金額の自動入力など、より効率的な窓口業務ができます。2020年11月時点では、アクシス社のクラウド型電子薬歴MEDIXS®との連携が可能です。

薬の配送

薬剤配送の業務効率化の機能として配送料を設定できるほか、配送会社の送り状発行システムに対応したデータ出力機能をご利用いただけます。2020年11月時点ではヤマト運輸の送り状発行システムB2クラウドに対応しています。

導入はかんたんです

デモのご依頼も随時承っております。気になる方はぜひ。

よくある質問

申し込みから実際の利用まで何日ほどかかりますか?

お申込書をご提出いただいてから各種設定やオペレーション構築まで約1~2週間で患者様から服薬指導申し込みを受け付けることができます。
※ご契約店舗数によって日数は前後します。

導入後のサポートはありますか?

薬局向け相談窓口をご用意しておりますので、運用や操作についての不明点は専任スタッフへご相談いただけます。
また患者様からアプリ操作方法などのお問い合わせでお困りになられた際は、患者相談窓口をご案内ください。患者様へ専任スタッフよりご回答いたします。

導入はかんたんです

デモのご依頼も随時承っております。気になる方はぜひ。

デモのご依頼・資料請求・お問い合わせはこちら

    社名/薬局名 必須

    ご担当者名 必須

    ご担当者ふりがな 必須

    メールアドレス 必須

    電話番号 必須

    お問い合わせ内容 必須

    お問い合わせ詳細をご記入ください

    上記内容にて送信いたします。よろしいですか? 必須

     

    開発・販売元

    株式会社メドレー

    株式会社メドレー

    ©︎ Medley Inc.

    メドオーダー │ 【業界初】AIを活用した医薬品発注システム

    メドオーダー
    メドオーダーはAIを活用した医薬品発注システムです。
    薬局様の発注作業をAI化することで、日々の業務負担を軽減いたします!