#024 調剤関連以外の薬局向けおすすめ本 5選

LINEで送る
Pocket

100日連続ブログ更新チャレンジ - 24日目 #Challenge100

 

今日は週末ということで、いつもと趣向を変えてブックレビューです。

前回は調剤報酬関連のおすすめ本をご紹介しましたが、今回は薬局向けだけど調剤以外の本を5冊ご紹介したいと思います。

調剤報酬関連のおすすめ本 5選
100日連続ブログ更新チャレンジ - 8日目 #Challenge100 めっきり寒くなってきましたね。本日は、「読書の秋」ということでおすすめ本のご紹介です。 調剤報酬関
前回のブックレビューはこちら!合わせてお読みいただけると嬉しいです!

在宅医療Q&A 令和元年度 服薬支援と多職種協働・連携のポイント

在宅医療Q&A 令和元年版 服薬支援と多職種協働・連携のポイント

監修:日本薬剤師会
編集・出版:じほう
発売日:2019/9/2
単行本:272ページ
定価:2,500円(税抜)

前回ご紹介した保険調剤保険薬局の在宅版。在宅医療に踏み出そうとしている薬剤師さんにぴったりのQ&A集です。

在宅訪問の準備から訪問後の報告、患者・服薬支援、多職種連携・体調チェック・薬のチェックなどのポイントや、緩和ケアの知識などがコンパクトにまとめられています。

在宅医療の実務はもちろん、フレイル、ロコモ、サルコペニア、転倒スコアなど、知っておくべきポイントが満載です。

薬局がはじめる在宅医療ポケットガイド

薬局がはじめる在宅医療ポケットガイド

著者:土田 孝、保母 博美
発行:南江堂
発売日:2014/6/1
単行本:149ページ
定価:2,800円(税抜)

前述の「在宅医療Q&A」はすべてが網羅されているものに対して、こちらはスタートアップとしての簡易版になります。

これを読めば在宅の手始めとしては一通りのことは把握できるし、何より分かりやすく、読みやすいです!

在宅を始めたいけど何から手をつけていいか分からないという薬剤師さんにオススメの一冊です。

薬剤師・管理栄養士のための 今日からはじめる 薬局栄養指導

薬剤師・管理栄養士のための 今日からはじめる 薬局栄養指導

著者:杉林 堅次 他
編集・発行:日経メディカル開発
発売日:2017/8/3
単行本:175ページ
定価:3,600円(税抜)

投薬時にちょっとした食事に関する質問ってよくありますよね?

この本は、疾患・症状別の料理レシピが写真付きで掲載されているので、カラーコピーして患者さんに渡すことができたり、薬剤師さんでも食事や栄養に関する簡単なアドバイスができるようになります。

街の健康ステーションとして、ワンランク上の薬局を目指してみませんか?

医療現場ですぐに役立つ 外国人患者対応マニュアル

医療現場ですぐに役立つ 外国人患者対応マニュアル 高山赤十字病院 編

監修:棚橋 忍  編集:竹中 勝信
発行:メディカルビュー
発売日:2017/3/31
単行本:145ページ
定価:3,850円(税込)

元々、病院向けの本ですが、薬局現場でも使える英語もたくさん載っているので利用させてもらってます。特に問診票や薬袋の作成に役立つと思います。

また投薬時にも使える、外国人患者とのちょっとした英語での会話例も多数掲載されております。

来年は東京オリンピックもありますし、英語での受付や投薬に不安がある薬局さんは、もしもの時の一冊として常備しておくと安心ですよ!

フォーミュラリー ━ エビデンスと経済性に基づいた薬剤選択 ━

フォーミュラリー ━ エビデンスと経済性に基づいた薬剤選択 ━

著者・編集:増原 慶壮 他
発行:薬事日報社
発売日:2017/9/5
単行本:245ページ
定価:3,500円(税抜)

「地域フォーミュラリー」というワードが数年前から聞かれるようになってきました。

2020年改定時の議論でもたびたび取り上げられたおりましたが、超高齢社会における医療費削減の切り札として、近いうちに制度として組み込まれることは間違いないので、知っておいて損はないかと思います。

今後のこの業界の方向性なので、意識の高い薬剤師さんにはぜひ知っておいてほしいです。

以上、私が普段薬局さんにおすすめしている調剤関連以外のおすすめ本を5冊ご紹介いたしました。

ぜひ、みなさんが普段使用されている本もご紹介いただけると嬉しいです。

それでは、また明日!

●100日連続更新達成まで、あと76日! #Challenge100

 

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
※当サイトの情報に起因するいかなる損害についても、当社及び情報提供元は一切責任を負いません。利用者ご自身の判断と責任においてご利用ください。

この記事を書いた人

Hiroshi.K
Hiroshi.K
メディカルサーブ株式会社 代表取締役

システムコンサルタント、インストラクター、エンジニア、デザイナー、講師など、いくつもの肩書を兼任。いわゆるプレイングマネジャー。
趣味はマラソン。サブスリーを目指す市民ランナー。フルマラソン自己ベストは3:07:17(つくばマラソン:2016/11/20)
LINEで送る
Pocket

骨伝導会話システム「FORTE VOCE-rable egg」

骨伝導会話システム「FORTE VOCE-rable egg」は、骨伝導技術を取り入れた新しいヘッドフォンシステムです。

日本の超高齢社会における問題解決のお手伝いをいたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です