#011 ハイリスク薬の薬学的管理指導において特に注意すべき事項

LINEで送る
Pocket

ハイリスク薬の薬学的管理指導
100日連続ブログ更新チャレンジ - 11日目 #Challenge100

 

日本薬剤会で公開されている「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン(第2版)」より、ハイリスク薬の薬学的管理指導において特に注意すべき事項をご紹介いたします。

このページでは「診療報酬情報提供サービス」の「特定薬剤管理指導加算等の算定対象となる薬剤一覧」いわゆるハイリスク薬の一覧の最新版リストを掲載しております。(最終更新:2020年
ハイリスク薬の一覧はこちらをご覧ください

共通する5項目

共通する5項目

  1. 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  2. 服用患者のアドヒアランスの確認(飲み忘れ時の対応を含む)
  3. 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育
  4. 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  5. 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認

抗悪性腫瘍剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量、投与期間、休薬期間等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認(化学療法に対する不安への対応外来化学療法実施の際に受けた指導内容や提供された情報の確認)
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認
  • 患者に最適な疼痛緩和のための情報収集、処方提案と患者への説明、麻薬の使用確認
  • 支持療法の処方・使用の確認あるいは必要に応じた支持療法の提案等
太字…共通以外の項目

免疫抑制剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量、投与期間、休薬期間等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認(感染症の発症や悪化防止のための注意事項の患者への説明)
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(感染症の発症等)
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及びグレープフルーツジュース等の飲食物や食事との相互作用の確認
太字…共通以外の項目

不整脈用剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認
  • 副作用モニタリング(ふらつき、動悸、低血糖等の症状)及び重篤な副作用(催不整脈等)発生時の対処方法の教育
  • 効果の確認(最近の発作状況を聞き取り、適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、QT延長を起こしやすい薬剤等、併用薬及び食事との相互作用の確認
太字…共通以外の項目

抗てんかん剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育
  • 効果の確認(最近の発作状況を聞き取り、適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認
太字…共通以外の項目

血液凝固阻止剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認、服薬管理の徹底(検査・手術前・抜歯時の服薬休止、検査・手術後・抜歯後の服薬再開の確認)
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(服用中は出血傾向となるので、過量投与の兆候(あざ、歯茎からの出血等)の確認とその対策)
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事(納豆等)との相互作用の確認
  • 日常生活(閉経前の女性に対する生理中の生活指導等)での注意点の指導
太字…共通以外の項目

ジギタリス製剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(特にジギタリス中毒症状(食欲不振、悪心・嘔吐、めまい、頭痛、不整脈)の発現の確認とその対策)
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、K排泄型利尿薬やCa含有製剤、β遮断薬等、併用薬及び食事との相互作用の確認
太字…共通以外の項目

テオフィリン製剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(悪心、嘔吐、けいれん、頻脈等の過量服用に伴う副作用症状について説明とモニタリング)
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認(喫煙、カフェイン摂取等の嗜好歴)
  • 小児、特に乳幼児では、副作用防止のため発熱時の対応について指導
太字…共通以外の項目

精神神経用剤

  1. 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  2. 服薬に対する意識が低い患者及び患者家族への教育とアドヒアランスの向上
  3. 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育
    • 原疾患の症状と類似した副作用(錐体外路症状、パーキンソン症候群等)
    • 致死的副作用(悪性症候群、セロトニン症候群等
    • 非定型抗精神病薬による、血液疾患、内分泌疾患等
    • 転倒に関する注意喚起
  4. 薬物の依存傾向を示す患者等に対して、治療開始時における適正な薬物療法に関する情報を提供
  5. 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認
  6. 自殺企図等による過量服薬の危険性のある患者の把握と服薬管理の徹底
太字…共通以外の項目

自殺のサイン(自殺予防の十箇条)

次のようなサインを数多く認める場合は、自殺の危険が迫っています

  1. うつ病の症状に気をつけよう (気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる、決断できない、不眠が続く)
  2. 原因不明の身体の不調が長引く
  3. 酒量が増す
  4. 安全や健康が保てない
  5. 仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
  6. 職場や家庭でサポートが得られない
  7. 本人にとって価値あるもの(職、地位、家族、財産)を失う
  8. 重症の身体の病気にかかる
  9. 自殺を口にする
  10. 自殺未遂におよぶ

糖尿病用剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認(Sick Day 時の対処法についての指導)
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(低血糖及び低血糖状態出現時の自覚症状とその対処法の指導)
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値(HbA1c や血糖値)のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認
  • 注射手技の確認(薬剤の保管方法、空打ちの意義、投与部位等)、注射針の取り扱い方法についての指導
太字…共通以外の項目

膵臓ホルモン剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認(Sick Day 時の対処法についての指導)
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(低血糖及び低血糖状態出現時の自覚症状とその対処法の指導)
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値(HbA1c や血糖値)のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認
  • 注射手技の確認(薬剤の保管方法、空打ちの意義、投与部位等)、注射針の取り扱い方法についての指導
太字…共通以外の項目

抗HIV剤

  • 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認
  • 服用患者のアドヒアランスの確認(服用する回数や時間がライフスタイルと合致しているかの確認、アドヒアランス低下による薬剤耐性HIV出現のリスクについての説明)
  • 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(重大な副作用の 発見のため、発熱、発疹等の初期症状について指導し、体調変化の有無について確認)
  • 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター)
  • 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認
太字…共通以外の項目

参考サイト

エリシア2は 次世代の薬局のためのレセコン電子薬歴一体型システムです。 薬局の今を「見える化」、そして「気づき」を与えます。 潜在的な問題を可視化し、業務改善のお手伝いをいたし
エリシア2なら、「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン」に沿ったハイリスク薬の服薬指導テンプレートが標準搭載されています!

●100日連続更新達成まで、あと89日! #Challenge100

 

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
※当サイトの情報に起因するいかなる損害についても、当社及び情報提供元は一切責任を負いません。利用者ご自身の判断と責任においてご利用ください。

この記事を書いた人

Hiroshi.K
Hiroshi.K
メディカルサーブ株式会社 代表取締役

システムコンサルタント、インストラクター、エンジニア、デザイナー、講師など、いくつもの肩書を兼任。いわゆるプレイングマネジャー。
趣味はマラソン。サブスリーを目指す市民ランナー。フルマラソン自己ベストは3:07:17(つくばマラソン:2016/11/20)
LINEで送る
Pocket

メドオーダー │ 【業界初】AIを活用した医薬品発注システム

メドオーダー
メドオーダーはAIを活用した医薬品発注システムです。
薬局様の発注作業をAI化することで、日々の業務負担を軽減いたします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です