#074 湿布薬の処方の70枚制限について

LINEで送る
Pocket

湿布薬の処方の70枚制限について
100日連続ブログ更新チャレンジ - 74日目 #Challenge100

 

本日は、湿布薬の処方についてまとめてみました。

湿布薬の処方はなぜ70枚制限になったのか?

医療費の適正化、また薬剤の適正使用の観点から、改定のたびに様々な医薬品が規制されてきた流れの中で、2016年度改定で湿布薬が対象となりました。

2012年度(平成24年度)改定

ビタミン剤について、単なる栄養補給目的での投与は保険対象外へ

1

2014年度(平成26年度)改定

うがい薬について、治療目的でない場合は保険対象外へ

2

2016年度(平成28年度)改定

湿布薬について、1処方につき原則70枚の処方制限となる

3
ビタミン剤・うがい薬・湿布薬に関する診療報酬改定での対応 ┃ 中医協総会第367回(平成29年11月1日)

その後の湿布薬の処方状況

2016年度(平成28年度)診療報酬改定後、70枚を超えて調剤された処方箋の割合は減少しているようです。

代表的な湿布薬が処方された処方せんのうち70枚を超えて調剤された処方せんの割合(%)

対象となる「湿布薬」の定義とは

  • 対象となる「湿布薬」は、貼付剤のうち、薬効分類上の鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤をいう。(ただし、専ら皮膚疾患に用いるものを除く。)
  • 気管支拡張剤(ツロブテロール等)、医療用麻薬(フェンタニル等)等の貼付剤は対象外
平成28年度調剤報酬改定資料より

湿布薬の処方箋等の記載要領

湿布薬の処方箋等の記載要領

  • 1回あたりの使用量および1日あたりの使用回数
  • 投与日数

処方箋等の記載例(以下のいづれでもよい)

例1  Mパップ 28枚 (1日2枚×14日)
例2  Mパップ 28枚 (14日分)
例3  Mパップ 28枚 (1日2枚)

7 「処方」欄について

投薬すべき医薬品名、分量、用法及び用量を記載し、余白がある場合には、斜線等により余白である旨を表示すること。

(3) 用法及び用量は、1回当たりの服用(使用)量、1日当たり服用(使用)回数及び服用(使用)時点(毎食後、毎食前、就寝前、疼痛時、○○時間毎等)、投与日数(回数)並びに服用(使用)に際しての留意事項等を記載すること。特に湿布薬については、1回当たりの使用量及び1日当たりの使用回数 、又は投与日数を必ず記載すること。

診療報酬請求書等の記載要領等について ┃ 厚生労働省
レセプトの返戻にご注意

1回あたりの使用量および1日あたりの使用回数、もしくは投与日数のいづれかの記載がないと、レセプトで返戻となる場合がありますので、処方箋に記載がなくても入力しましょう。

処方箋に70枚を超えて処方されている場合は?

  • 70枚を超えて投薬することが必要であると処方医が判断した趣旨が、処方箋の備考欄に記載されていることを確認
  • 備考欄に記載がない場合は処方元に疑義照会

8 「備考」欄について

(7)1処方につき 70 枚を超えて湿布薬を投与する場合は、当該湿布薬の投与が必要であると判断した趣旨を記載すること。

診療報酬請求書等の記載要領等について ┃ 厚生労働省

レセプト摘要欄への記載

70枚を超えて湿布薬が処方されている処方箋に基づき調剤を行った場合は、処方医が当該湿布薬の投与が必要であると判断した趣旨について、処方箋の記載により確認した旨又は疑義照会により確認した旨を記載する必要があります。

電算コード左記コードによるレセプト表示文言
820100377処方箋記載により確認
820100378疑義照会により確認
レセプト摘要欄の記載事項
100日連続ブログ更新チャレンジ - 3日目 #Challenge100 2020年10月からレセプト摘要欄の記載事項がコード化されましたので、詳細をご紹介いたします。 コ
こちらもご覧ください

湿布薬に関する疑義解釈(Q&A)

湿布薬については、1処方につき70枚の制限となっているが、「70枚」の判断は、湿布薬の種類ごとに70枚ではなく、処方された湿布薬全体の合計枚数が70枚という理解でよいか。

そのとおり。

━ 疑義解釈資料の送付について(その1)2016年(平成28年)3月31日 ┃ 厚生労働省保険局医療課

●100日連続更新達成まで、あと26日! #Challenge100

 

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
※当サイトの情報に起因するいかなる損害についても、当社及び情報提供元は一切責任を負いません。利用者ご自身の判断と責任においてご利用ください。

この記事を書いた人

Hiroshi.K
Hiroshi.K
メディカルサーブ株式会社 代表取締役

システムコンサルタント、インストラクター、エンジニア、デザイナー、講師など、いくつもの肩書を兼任。いわゆるプレイングマネジャー。
趣味はマラソン。サブスリーを目指す市民ランナー。フルマラソン自己ベストは3:07:17(つくばマラソン:2016/11/20)
LINEで送る
Pocket

在宅、かかりつけ、24時間対応など、これからの薬局業務を支えます!

エリシア2
在宅、かかりつけ、24時間対応、アンチドーピングなど、これからの薬局業務を支える「調剤薬局ソリューションシステム Elixir2(エリシア2)」のご紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントはこちら