#059 嚥下困難者用製剤加算

LINEで送る
Pocket

嚥下困難者用製剤加算
100日連続ブログ更新チャレンジ - 59日目 #Challenge100

 

本日は、嚥下困難者用製剤加算について、ご紹介いたします。

嚥下困難者用製剤加算とは

嚥下障害等があって、市販されている剤形では薬剤の服用が困難な患者に対し、医師の了解を得た上で錠剤を砕く等剤形を加工した後に調剤を行った場合に算定できる。

調剤料加算(内服薬のみ)

嚥下困難者用製剤加算  80点(処方箋受付1回につき)

嚥下困難者に係る調剤について、当該患者の心身の特性に応じた剤形に製剤して調剤した場合は、嚥下困難者用製剤加算として、80点を所定点数に加算する。

嚥下困難者用製剤加算の留意事項

  • 嚥下困難者用製剤加算は、嚥下障害等があって、市販されている剤形では薬剤の服用が困難な患者に対し、医師の了解を得た上で錠剤を砕く等剤形を加工した後調剤を行うことを評価するものである。
  • 剤形の加工は、薬剤の性質、製剤の特徴等についての薬学的な知識に基づいて行わなければならない。
  • 嚥下困難者用製剤加算は、処方箋受付1回につき1回算定できる。
  • 1剤として取り扱われる薬剤について、自家製剤加算は併算定できず、また、剤形を加工したものを用いて他の薬剤と計量混合した場合には、計量混合調剤加算を併算定することはできない。
  • 嚥下困難者用製剤加算を算定した場合においては、一包化加算は算定できない。
  • 薬剤師が剤形の加工の必要を認め、医師の了解を得た後剤形の加工を行った場合は、その旨調剤録等に記載する。
自家製剤加算
100日連続ブログ更新チャレンジ - 57日目 #Challenge100 本日は、自家製剤加算についてご紹介いたします。 目次1. 自家製剤加算とは2.
計量混合調剤加算
100日連続ブログ更新チャレンジ - 58日目 #Challenge100 本日は、計量混合調剤加算について、まとめてみました。 目次1. 計量混合調剤加算とは2.

嚥下困難者用製剤加算の疑義解釈(Q&A)のまとめ

本来、流通している剤形で品質が保証されているので、なるべく粉砕等は避けたいと考えるが、複数の錠剤などが処方されている場合において、ある特定の1つの医薬品のみ購下困難であるため剤形変更を行った場合でも算定可能か。

他の医薬品が液剤等のため容易に服用することができる場合であって、当該1医薬品を加工することにより、処方箋中のすべての医薬品が、服用しやすくなる場合は算定可。基本的には、嚥下困難者用として処方箋中のすべての薬剤が容易に服用できるように加工する必要があり、1医薬品のみの剤形変更で技術評価されるものとは限らない。理由により、嚥下困難者用製剤加算ではなく自家製剤加算の散剤を算定することもありえる。

嚥下困難者用製剤加算は、処方箋の受付1回につき算定は1回と考えて良いか。

そのとおり。

嚥下困難者用製剤加算は、医師の指示が必要となるのか。

医師の指示又は医師の了解が必要である。

嚥下困難者のために錠剤を粉砕し、他の2種類の散剤と計量混合した場合、嚥下困難者用製剤加算と計量混合調剤加算のどちらも算定可能か。

また、嚥下困難者に対しゼリーやグミ製剤に加工した場合は、自家製剤加算と併せて算定することは可能か。

同時に算定することはできない。嚥下困難者用製剤加算は、嚥下困難者用に服用しやすくするために剤形を加工するなど、患者の心身の特性に応じた剤形に加工する調剤技術を評価したものである。

嚥下困難者用製剤加算は、屯服薬の場合は算定できないのか。

算定できない。

散剤を飲めない人へのカプセル充填は、自家製剤加算か嚥下困難者用製剤加算か。

嚥下障害等により市販の剤形では服用できない患者に対して剤形を加工した場合には算定できるが、カプセル剤の溶出性が散剤の場合と同じであることが担保されなくてはならない。体内動態に問題ないことが確認され、医師の了解が得られ、局方の製剤総則に従って調剤を行った場合に限り自家製剤加算を算定することができる。

━ 疑義解釈資料の送付について 2004年(平成16年)3月30日 ┃ 厚生労働省保険局医療課

●100日連続更新達成まで、あと41日! #Challenge100

 

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
※当サイトの情報に起因するいかなる損害についても、当社及び情報提供元は一切責任を負いません。利用者ご自身の判断と責任においてご利用ください。

この記事を書いた人

Hiroshi.K
Hiroshi.K
メディカルサーブ株式会社 代表取締役

システムコンサルタント、インストラクター、エンジニア、デザイナー、講師など、いくつもの肩書を兼任。いわゆるプレイングマネジャー。
趣味はマラソン。サブスリーを目指す市民ランナー。フルマラソン自己ベストは3:07:17(つくばマラソン:2016/11/20)
LINEで送る
Pocket

在宅、かかりつけ、24時間対応など、これからの薬局業務を支えます!

エリシア2
在宅、かかりつけ、24時間対応、アンチドーピングなど、これからの薬局業務を支える「調剤薬局ソリューションシステム Elixir2(エリシア2)」のご紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントはこちら