#015 入院中の患者が他医療機関を受診した場合に算定できる調剤報酬

入院中の患者が他医療機関を受診した場合
100日連続ブログ更新チャレンジ - 15日目 #Challenge100

 

本日は入院中の患者が他医療機関を受診した場合、薬局として調剤報酬の点数が算定できるものとできないものについてご紹介いたします。

入院区分ごとの一覧

入院患者の区分 他医療機関,保険薬局において算定できる点数項目
他保険医療機関 保険薬局
出来高入院料を算定する病床に入院している患者 調剤料
薬剤料
処方料
処方箋料
調剤技術料 調剤基本料(加算を含む)
調剤料(加算を含む)
薬学管理料 服薬情報等提供料1
薬剤料等 薬剤料 特定保険医療材料料
療養病棟入院基本料,有床診療所療養病棟入院基本料,特定入院基本料等を算定している場合 調剤技術料 調剤基本料(加算を含む)
薬学管理料 服薬情報等提供料1
薬剤料等
※調剤料,薬剤料,特定保険医療材料料は算定(保険請求)できないため、保険医療機関との合議による精算が必要
DPC算定病棟に入院している患者 調剤技術料
薬学管理料
薬剤料等
※調剤報酬に係る費用は一切算定(保険請求)できないため、保険医療機関との合議による精算が必要

出来高入院料を算定する病床に入院している患者

保険薬局が算定できる点数

  • 調剤基本料(加算を含む)
  • 調剤料(加算を含む)
  • 服薬情報等提供料1
  • 薬剤料
  • 特定保険医療材料料

出来高入院料というと分かりにくいですが、いわゆる一般的な病院の入院のケースです。

療養病棟入院基本料,有床診療所療養病棟入院基本料,特定入院基本料等を算定している場合

保険薬局が算定できる点数

  • 調剤基本料(加算を含む)
  • 服薬情報等提供料1

※調剤料,薬剤料,特定保険医療材料料は算定(保険請求)できないため、保険医療機関との合議による精算が必要

DPC算定病棟に入院している患者

保険薬局が算定できる点数

※調剤報酬に係る費用は一切算定(保険請求)できないため、保険医療機関との合議による精算が必要

疑義解釈資料の送付について(その5) 平成22年6月14日

(問1)入院中の患者(DPC算定病棟に入院している患者を除く。)について、入院医療機関において行うことができない専門的な診療のため他医療機関の受診が必要となり、当該他医療機関から交付された処方せんに基づき薬局において調剤した場合、調剤報酬の算定等は具体的にどのように行うのか。

当該薬局において、調剤基本料(加算を含む。)及び調剤情報提供料(算定要件を満たす場合に限る。)を算定することができる。ただし、当該患者が出来高入院料を算定する病床に入院している患者である場合には、これらの費用のほか、調剤料(加算を含む。)、薬剤料及び特定保険医療材料料についても算定することができる(調剤情報提供料以外の薬学管理料については、算定することはできない)。

算定に当たっては、調剤報酬明細書の摘要欄に、①入院中の患者である旨、②入院医療機関の名称、③出来高入院料を算定している患者であるか否かについて記載すること。

また、調剤内容(医薬品名、規格単位、用法・用量、調剤数量(投薬日数、調剤回数等)等)について、入院医療機関に情報提供すること。

※ 出来高入院料を算定する病床とは、DPC算定病床以外の病床であって、療養病棟入院基本料、有床診療所療養病床入院基本料及び特定入院基本料を除く入院基本料を算定する病床をいう。

※ 当該他医療機関が交付した処方せんの備考欄には、①入院中の患者である旨、②入院医療機関の名称、③出来高入院料を算定している患者であるか否かについて記載されている(平成22年6月4日厚生労働省保険局医療課事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その4)」の問2参照)。

(問2)入院中の患者(DPC算定病棟に入院している患者に限る。)について、入院医療機関において行うことができない専門的な診療のため他医療機関の受診が必要となり、当該他医療機関から交付された処方せんに基づき薬局において調剤した場合、調剤報酬の算定等は具体的にどのように行うのか。

当該薬局における調剤に係る費用は、入院医療機関が行った調剤に係る費用と同様の取扱いとし、入院医療機関において算定することとなるため、この場合の入院医療機関と当該薬局との間での診療報酬の分配は、相互の合議により行うこと。

また、調剤内容(医薬品名、規格単位、用法・用量、調剤数量(投薬日数、調剤回数等)等)について、入院医療機関に情報提供すること。

●100日連続更新達成まで、あと85日! #Challenge100

 

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
※当サイトの情報に起因するいかなる損害についても、当社及び情報提供元は一切責任を負いません。利用者ご自身の判断と責任においてご利用ください。

この記事を書いた人

Hiroshi.K
Hiroshi.K
メディカルサーブ株式会社 代表取締役

システムコンサルタント、インストラクター、エンジニア、デザイナー、講師など、いくつもの肩書を兼任。いわゆるプレイングマネジャー。
趣味はマラソン。サブスリーを目指す市民ランナー。フルマラソン自己ベストは3:07:17(つくばマラソン:2016/11/20)

薬剤師さんと考えた「業界初」の機能を搭載!

エリシア2

薬局の今を「見える化」、
そして「気づき」へと導きます。



調剤薬局ソリューションシステム
Elixir2 [ エリシア2 ]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です