在宅研修会を開催しました! in 牛久

LINEで送る
Pocket

2016/6/14(火)に牛久市中央生涯学習センターにおいて牛久薬剤師会の会員を対象にした「在宅研修会」を開催いたしました。

主催は弊社、共催はシグマソリューションズ株式会社様・茨城県薬剤師会様・牛久薬剤師会様で、2部構成90分認定1単位という研修会です。

第1部では「在宅訪問を始めるにあたり知っておくべき5つのこと」というテーマで、私の方から1時間ちょっとお話しさせていただきました。

内容をざっくり紹介すると

在宅訪問を始めるにあたり知っておくべき5つのこと

  1. 薬局による在宅訪問が必要な理由
  2. 在宅を始めるための準備(介護保険と医療保険の違い等)
  3. 在宅患者の獲得方法
  4. 在宅業務の実例紹介
  5. 2018年のダブル改定に向けて

という5つの構成でまとめてみました。

 

参考  在宅訪問を始めるにあたり知っておくべき5つのこと│メディカルサーブ株式会社  

 

昨年くらいから在宅に関して先生方から質問されることが多くなってきたので、初歩的な内容ではありますが皆さんが知りたいことを中心に薬剤師目線でお話しいたしました。

これをひとつのキッカケにして、ほんの少しでも意識が高まって、何らかのカタチで未来へつながっていくといいですね。

約50名の薬剤師の先生方に大変熱心に聞いていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りまして御礼申し上げます。

本当にありがとうございました!

 

 

また、そのあとは、株式会社シグマソリューションズ様に「調剤システム エリシア」を使っての在宅業務の紹介をしていただきました。

短い時間でしたが、iPadを使用して実際に在宅の現場で使われている「モバイル薬歴」のデモを見ていただきました。

薬歴の入力・参照や併用薬の監査、添付文書の閲覧、バイタル・検査値入力、そして報告書の作成までiPad1台ですべてをこなせることを説明していただきました。

「モバイル薬歴」なら、かかりつけの24時間対応も可能なので、ぜひこういった便利なツールを使っていただくことをオススメします!

 

これからもこのような活動を通して、薬局様や薬剤師の先生方のお手伝いをさせていただきたいと思っていますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします!

 

この記事を書いた人

Hiroshi.K
Hiroshi.K
メディカルサーブ株式会社 取締役

システム営業、インストラクター、フィールドエンジニア、SE、デザイナー、講師など、いくつもの肩書を兼任。
趣味はマラソン。サブスリーを目指す市民ランナー。フルマラソン自己ベストは3:07:17(つくばマラソン:2016/11/20)
LINEで送る
Pocket

在宅、かかりつけ、24時間対応など、これからの薬局業務を支えます!

在宅、かかりつけ、24時間対応など、これからの薬局業務を支える「調剤薬局ソリューションシステム Elixir2(エリシア2)」のご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です